ズボラ主婦ブログも更新中

アーモンド・クルミ・ピスタチオ美容や健康に良いのはどれ?

食事

美容と健康のために食塩不使用のアーモンドを買いに行ったのですが、アーモンド単体の物と、クルミやピスタチオとミックスされているものが置いてありました。

美容に効果的なのはアーモンド単体のものなのか、クルミやピスタチオの栄養成分はどうなっているのか、調べてみました。

アーモンド・クルミ・ピスタチオの栄養素

アーモンド・クルミ・ピスタチオの各栄養素を比べてみます。ピスタチオだけ無塩のもののデータがなかったので、味付けのものの数値を載せています。

種類エネルギーたんぱく質脂質カルシウムマグネシウムカリウム亜鉛ビタミンE食物繊維n-3系多価不飽和脂肪酸
 kcalggmgmgmgmgmggg
アーモンド60820.354.12603107403.728.8110.01
クルミ67414.668.8851505402.61.27.58.96
ピスタチオ61517.456.11201209702.51.49.20.2

こうして比べてみると、アーモンドが一番低カロリー・低脂質で高たんぱく、ミネラルやビタミンE・食物繊維も多く含まれています。ただし特定の目的がある場合、クルミやピスタチオも優れている部分があります。

アーモンドとビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用が高く、生活習慣病や老化を防ぐ役割が期待できます。

クルミとオメガ3脂肪酸

クルミはナッツ類の中でオメガ3(n-3系)脂肪酸の含有量がトップクラスです。

オメガ3脂肪酸は体内で合成することができず、不足すると皮膚炎などを発症する場合があります。

さらにオメガ3脂肪酸は、心臓血液疾患での死亡リスクを下げるということが判明しました。毎日クルミを食べることで生活習慣の予防になるんですね。

クルミ1掴み(約28g)で1日に必要なオメガ3脂肪酸の相当量を摂ることができます。

ピスタチオとカリウム

ピスタチオにはカリウムが豊富に含まれています。

カリウムは塩分を体外に排出するのを助けてくれるので、むくみの解消や高血圧の予防に役立ちます。

まとめ

同じナッツ類といえど、成分は大きく異なるんですね。自分の目的に合わせて、美容健康のために毎日続けていきたいです。