人気のおしゃれなコンパクトホットプレート3つを比較してみた

2017-12-12 @niketcha

最近、おしゃれな家電がたくさん販売されてますよね。

ちょうどホットプレートの買い替えを検討していたので、BRUNO、アイリスオーヤマ、タイガーの3つのおしゃれなホットプレートを比較してみました。

今までのホットプレート

我が家では今までタイガーの「これ1台」系のホットプレートを使っていました。

↓こういうの

タイガー ホットプレートこれ1台 CRV-A300-T

でもこれ、重いし付属品が多いので片付けがとっても面倒なんです。

うちでは焼肉用の穴あきプレートをよく使うんですが、穴の間に焦げが挟まってしまって取るのが大変!穴から落ちた油の受け皿も洗わなきゃいけないし……

なんでもできる系は意外と不便だということがわかりました。

Sponsored Link

検討したホットプレート

今回は何より片付けが簡単!そしてせっかくなのでおしゃれだという点を重視して次の3つを比較しました。

BRUNO コンパクトホットプレート BOE021

アイリスオーヤマ 着脱式ホットプレート PHP-1002TC-A

タイガー ホットプレート パーティープレートCRK-A100-RM Tiger

タイガーからこんなおしゃれなホットプレートが発売されていたとはびっくりです。ちなみに通販専用だそうで、電気屋さんに行っても売っていません。

プレート

BRUNOアイリスタイガー
標準平面
たこ焼き
深鍋
たこ焼き
深鍋
別売深鍋
波型
マルチ※
なしたこ焼き
波型

※BRUNOのマルチプレートはパンケーキや目玉焼きが綺麗な丸型に作れるプレートです。

BRUNO コンパクトホットプレート用マルチプレート BOE021-MULTI

平面プレートか深鍋か

タイガーとアイリスオーヤマは浅い平面プレートがありません。でも深鍋で代用できるので、付属品が少ない=片付けが楽!という点で好印象。

焼きそばする時も深さがある方が飛び散らなくて良さそう。

汚れにくい工夫

タイガーのすべてのプレートとアイリスオーヤマの深鍋は本体からはみ出る構造になっているので、本体が汚れにくいのが特徴。

アイリスオーヤマには波型プレートがありません。おうち焼肉大好きの私はこの時点でアイリスオーヤマが外れます。

価格

2017年12月時点でのAmazonを参考にしていますが、BRUNOとタイガーはどちらも本体が¥9,000弱、別売プレート2枚と合計して¥15,000弱とほとんど大差ありません。

アイリスオーヤマは¥6,000くらい。焼肉しないよって人はアイリスオーヤマ魅力的ですね。

その他共通点

  • スライドもしくはダイヤル式で250℃までの細かな温度設定が可能
  • 2~3人にちょうどいいサイズ
  • 3~4kgと軽い
  • 出しっぱなしでもおしゃれ
  • もはや出しっぱなしにして朝ごはんとか毎日これで作ってもいいかも

まとめ

どの商品もAmazonのレビューは良いし、捨てがたいです。

  • 焼肉するならBRUNOかタイガー
  • たこ焼きプレートが邪魔ならタイガー
  • 綺麗な形のパンケーキや目玉焼きが作りたいならBRUNO
  • 安さで選ぶならアイリスオーヤマ

このあたりがポイントだと思います。

-日々のこと, 家電・雑貨

コメントを残す

お名前もメールも入力は任意です。お気軽に指摘や質問などしていただけると嬉しいです。

Gravatarに登録すると、お好きな画像をアバターに設定できます。

Copyright© ニケッチャニッキ , 2017-2018 All Rights Reserved.