Android Studioで簡単に影を付けられるelevation

2017-12-31 @niketcha

elevationはマテリアルデザインにおける高さの概念です。

APIレベル21(Android5.0 Lolipop)以降であれば、android:elevationを指定することで簡単に影を付けることができます。

Sponsored Link

elevationの使い方

android:elevation="XXdp"というような形で高さを指定します。

値が大きいほど手前に表示されます。

activity_main.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.niketcha.testapp.MainActivity">

    <ImageView
        android:id="@+id/imageView"
        android:layout_centerHorizontal="true"
        android:layout_centerVertical="true"
        android:elevation="16dp"
        android:background="@android:color/holo_blue_light"
        app:srcCompat="@android:drawable/ic_menu_gallery" />
</RelativeLayout>

画像のような感じで影が付きます。

-アプリ開発, Android Studio

コメントを残す

お名前もメールも入力は任意です。お気軽に指摘や質問などしていただけると嬉しいです。

Gravatarに登録すると、お好きな画像をアバターに設定できます。

Copyright© ニケッチャニッキ , 2017-2018 All Rights Reserved.