AndroidStudio3.0を日本語化する手順とうまくいかなかったときの対処法

2017-11-13 @niketcha

Android Studio3.0をインストールして日本語化しようとしたのですが、意外なところで躓いてしまったときの話。

これから日本語化しようとしている方はもちろん、日本語化したけどうまくできなかったという方も参考にしてみてください。

私が失敗した原因は、zipファイルの解凍に失敗してたことでした。使った解凍ソフトが悪かった…Windows標準機能で解凍すれば全然問題ないです。

pleiadesの配置もできてるし、vmoptionsファイルの書き方も間違ってないのに日本語化できないという方、解凍したファイルの確認もしてみてください。0バイトになってたりしたら解凍失敗してるということですので。

こんな凡ミスをしなければ、Android Studioの日本語化はとっても簡単ですよ!

Sponsored Link

Android Studioの日本語化の手順

pleiadesをダウンロードして配置する

まずはpleiadesのダウンロード。

こちらのリンクをクリックするとWindows用のダウンロードが始まります。

その他の環境はこちら

ダウンロードしたファイルを解凍し、pluginsフォルダ内のjp.sourceforge.mergedoc.pleiadesフォルダをフォルダごと任意の場所に設置する。

自分が忘れない場所ならどこでも。Android Studioのインストールフォルダだとアップデートの際に消されるかもしれないという情報を見つけたので、私は別の場所に置いてます。

カスタムvmoptionsファイルを作る

Android Studioを起動します。初めて起動する場合は仮でもいいので新しいプロジェクトを作ります。

Android Studioの「Help」-「Edit Custom VM Options…」を選択してカスタムvmoptionsファイルを作ります。

ダイアログに表示された場所にカスタムvmoptionsファイルが作られるので、場所をメモしておいて「Yes」を選択、Android Studioは一旦終了します。

デフォルトvmoptionsファイルで上書きする

カスタムvmoptionsファイルには何も設定が記述されていないので、デフォルトのvmoptionsファイルから設定をコピーしてきます。

デフォルトのvmoptionsファイルはAndroid Studioのインストールディレクトリのbinフォルダの中にあります。

64bitなら「studio64.exe.vmoptions」、32bitなら「studio.exe.vmoptions」です。

デフォルトvmoptionsファイルをコピーし、先ほど作成したカスタムvmoptionsファイルにコピーします。

メモ帳で開いてコピーするか、ファイルごと上書きでもOK。

カスタムvmoptionsファイルにpleiades.jarへのパスを追記する

カスタムvmoptionsファイルをメモ帳で開き、最終行に

-Xverify:none
-javaagent:C:/AndroidStudio/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

と追記します。

C:/AndroidStudioの部分はご自身がjp.sourceforge.mergedoc.pleiadesフォルダを配置した場所に書き換えてください。

Android Studioを起動する

カスタムvmoptionsファイルを保存して閉じ、Android Studioを起動します。

これで日本語化されるはずです!

Android Studioが起動できなくなったら

カスタムvmoptionsファイルに追記した2行の先頭に#を付けてから起動するか確認してください。#はコメントアウトするための記号です。

#-Xverify:none
#-javaagent:C:/AndroidStudio/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

上記のように記述します。

これで起動ができたら、1つ1つ設定が正しいかチェックしてみましょう。

  • カスタムvmoptionsファイルに書いたパスは正しいか
  • pleiades.jarの手前までをコピーしてエクスプローラーに貼り付け、pleiades.jarが配置してあるフォルダが開けるかチェック!

  • pleiadesは最新のものをダウンロードしたか
  • jp.sourceforge.mergedoc.pleiadesフォルダをフォルダごとコピーしたか
  • pleiadesフォルダは正しく解凍できているか(0バイトファイルになっていないか)

このあたりをチェックして設定間違いを修正できたら、もう一度#を消して起動してみてください。

-アプリ開発, Android Studio

『AndroidStudio3.0を日本語化する手順とうまくいかなかったときの対処法』へのコメント
                 
  1. 北村 2018-01-14 16:43

    ありがとうございました、
    参考にさせてもらいました。

    ただ、-javaagent:C:/AndroidStudio/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar)の閉じるカッコが不要”)”なので、削除したほうがいいと思います。

    • ニケッチャ 2018-01-15 09:15

      本当ですね!!
      ご指摘いただきありがとうございました。

  2. 名無しさん 2018-09-29 18:49

    ひらけなくなりました

コメントを残す

お名前もメールも入力は任意です。お気軽に指摘や質問などしていただけると嬉しいです。

Gravatarに登録すると、お好きな画像をアバターに設定できます。

Copyright© ニケッチャニッキ , 2017-2018 All Rights Reserved.