簡単3ステップAndroidStudioでAdMobの広告を表示させる方法

2018-01-18 @niketcha

AndroidStudioでAdMobの広告を表示させる方法の紹介です。

この記事内のキャプチャは、日本語化したAndroidStudioを使っています。日本語化されていない方にもわかるよう、英語メニュー名も書くようにしました。

もしも先にAndroidStudioを日本語化したい場合はこちらの記事を参照してください。

事前準備

SDKマネージャーを開き、Google Repositoryがインストールされているかどうか確認してください。されてない場合は「Android SDK」-「SDKツール(SDK Tools)」-「Support Repository」にある「Google Repository」をインストールします。

Sponsored Link

AdMob表示手順

STEP1:ライブラリ依存関係の追加

「プロジェクト構造(Project Structure)」を選択します。

「app」-「依存関係(Dependencies)」の右上に+ボタンがあるのでクリックします。

「ライブラリー依存関係(library dependency)」をクリックします。

「com.google.android.gms:play-services-ads」を検索して追加します。

STEP2:権限の追加

AndroidManifest.xmlを修正します。下記のコードのマーカーが付いている箇所を「app」-「Manifests」-「AndroidManifest.xml」に追加してください。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.niketcha.XXX">

    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
    <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE"/>

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@mipmap/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:roundIcon="@mipmap/ic_launcher_round"
        android:supportsRtl="true"
        android:theme="@style/AppTheme">

        <meta-data android:name="com.google.android.gms.version"
            android:value="@integer/google_play_services_version" />

        <activity android:name=".MainActivity">
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>

        <activity android:name="com.google.android.gms.ads.AdActivity"
            android:configChanges="keyboard|keyboardHidden|orientation|screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize"/>

    </application>

</manifest>

STEP3:Javaファイルの記述

MainActivity.javaを修正します。下記のコードのマーカーが付いている箇所をMainActivity.javaに追加してください。

package com.niketcha.XXX;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.RelativeLayout;
import com.google.android.gms.ads.AdRequest;
import com.google.android.gms.ads.AdView;
import com.google.android.gms.ads.AdSize;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        String AdUnitID = "ca-app-pub-3940256099942544/6300978111";

        // インスタンス作成
        AdView adView = new AdView(this);
        adView.setAdUnitId(AdUnitID);

        // レイアウトの設定
        RelativeLayout layout = new RelativeLayout(this);
        setContentView(layout);
        RelativeLayout.LayoutParams params = new RelativeLayout.LayoutParams(
                RelativeLayout.LayoutParams.MATCH_PARENT,
                RelativeLayout.LayoutParams.WRAP_CONTENT);
        params.addRule(RelativeLayout.ALIGN_PARENT_BOTTOM, RelativeLayout.TRUE);
        adView.setAdSize(AdSize.BANNER);
        layout.addView(adView);
        adView.setLayoutParams(params);

        // 表示
        AdRequest adRequest = new AdRequest.Builder().build();
        adView.loadAd(adRequest);
    }
    
}

手順は以上です。動作確認をしてみてください。

コード内のユニットIDはテスト用IDです。アプリ実装前には本番用に書き換えてください。

AdMobへの登録がお済でない場合、以前UnityにAdMobを導入したときの記事を書きましたので参考にしてみてください。途中からUnity用のプラグインインストールなどの手順が始まりますので、その手前まででOKです。

XMLでデザインを定義したい場合

activity_main.xmlを下記のように書きます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    xmlns:ads="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.niketcha.XXX.MainActivity">

    <com.google.android.gms.ads.AdView
        android:id="@+id/adView"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_centerHorizontal="true"
        android:layout_alignParentBottom="true"
        ads:adSize="BANNER"
        ads:adUnitId="ca-app-pub-3940256099942544/6300978111">
    </com.google.android.gms.ads.AdView>

</RelativeLayout>

javaコードは下記のように書きます。

package com.niketcha.XXX;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import com.google.android.gms.ads.AdRequest;
import com.google.android.gms.ads.AdView;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        // AdMobを表示
        AdView adView = findViewById(R.id.adView);
        AdRequest adRequest = new AdRequest.Builder().build();
        adView.loadAd(adRequest);

    }

}

-アプリ開発, Android Studio

コメントを残す

お名前もメールも入力は任意です。お気軽に指摘や質問などしていただけると嬉しいです。

Gravatarに登録すると、お好きな画像をアバターに設定できます。

Copyright© ニケッチャニッキ , 2017-2019 All Rights Reserved.